グリーン経営の進め方

TOP > グリーン経営とは > グリーン経営の進め方
グリーン経営を進めるためには、「自社の環境保全活動の取組み状況の把握」→「評価結果に基づく改善策の検討」→「行動計画の作成」→ 「計画に基づく取組みの推進」→「取組み状況の把握と見直し」というサイクルによって、様々な環境保全活動の継続的な向上を目指すことが必要です。

マニュアルでは、中小規模の事業者の実態に合い、かつ、容易に環境保全活動が行えるよう、環境保全への具体的な取組みを「グリーン経営推進チェックリスト」 (以下、チェックリスト)で把握・評価し、それをもとにグリーン経営を進めることができるような仕組みを示しています。

チェックリストには、事業者が目指すべき環境保全活動への取組みが示されています。これをもとに自社の環境保全活動への取組み状況をチェックすることによって、 まず、現状での取組み内容の整理と取組みレベルの把握が可能になります。また、自社の取組み以外にどのような取組みがあるのか、より高いレベルの取組みとしてどのような 取組みがあるのかを知ることができます。

次に示す「グリーン経営推進チェックリスト」を活用したグリーン経営の推進フローに沿って、自社の環境保全活動の取組み状況の把握をもとに、取組みの改善策の検討、行動計画 の作成・見直し、計画に基づく取組みの推進、取組み状況の把握と見直しを進めることになります。
グリーン経営推進チェックリストを活用したグリーン経営の推進フロー

1. 自社の環境保全活動の取組み状況の把握

  • グリーン経営推進チェックリストは、事業者として目指すべき取組みを示すものです。チェックすることで、自社の環境保全活動への取組み状況を把握します。
    チェックリストの概要と使い方については、第3章に説明があります。

2. 取組みの改善策の検討

  • 評価結果に基づいて、環境保全活動の効果が上がるよう、取組み内容を見直します。
  • 新たに取組みを始める場合には、目標(取組み項目と達成レベル)を設定します。すでに、取組みを進めてきた企業で目標を達成できなかった場合は、その原因がどこにあるのかをさまざまな角度から分析し、改善策の検討を行います。また、目標を達成できた場合は、より高い目標の設定が可能かどうかを検討します。
  • これらの検討は、次の「行動計画の作成・見直し」に役立てます。

3. 行動計画の作成・見直し

  • 現状の取組み状況の評価結果や検討した改善策を踏まえ、今後の目標や目標達成へ向けた具体的な取組み内容などを盛り込んだ行動計画を作成(見直し)します。

行動計画に盛り込む内容

  • 環境保全活動への取組みについての現状把握とその課題
    チェック結果に基づく取組み状況の評価と課題をまとめます。
  • 目標
    設定した目標をまとめます。
  • 目標達成へ向けた具体的な取組み内容
    掲げた目標を達成するための具体的な取組み内容(チェック項目のうち今後重点的に取組んでいこうと考える事項)とそのスケジュールをまとめます。

4. 計画に基づく取組みの推進

  • 計画を策定したら、経営責任者以下、全社挙げて実行に移すことが重要です。
  • 環境担当責任者は責任をもって具体的な取組みを進めるとともに、取組みの状況は定期的に記録し、チェックリストによる自社の環境保全活動への取組み状況の把握に役立てます。
  • 取組みを進めていくには、しっかりとした環境保全の仕組みや体制の整備が必要です。執行体制の整備については、チェックリストの中にも評価項目として取り上げています。
グリーン経営に関するご相談・ご質問は
お気軽にお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
グリーン経営認証制度は、環境保全を目的にした取り組みを行っている運輸事業者
(トラック、バス、タクシー、旅客船、内航海運、港湾運送、倉庫)に対する認証制度です。
公共財団法人 交通エコロジー・モビリティ財団
交通環境対策部
〒102-0076 東京都千代田区五番町10番地 五番町KUビル3F
TEL:03-3221-7636 FAX:03-3221-6674